FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワ 1/48 F-15E "アイドルマスター 如月千早"

ハセガワ 1/48 F-15E ストライクイーグル
F-15E -THE iDOL M@STER CHIHAYA-

F-15E 左前 F-15E 右前
F-15E 左後 F-15E 右後

機嫌を損ねたときの扱い難さはあるけれど、その実力は確か。
更なる高みを目指し、大空へ羽ばたけ!
(エースコンバット6機体説明より)



俺を戦闘機(&アイマス)に引き込んだ例のPから委託を受けて製作したもの。

1/48サイズということで、まずはその大きさに戸惑いました。
形が出来てくると取り回しも大変だし、重い。
後は機体の剛性確保の問題ですが、これはネットで色々調べて、その方法を実践しました。


おもり
機首のオモリは釣り用の板鉛を利用。軟らかいので形は簡単にまとまります・
・・・しかし心配だから多めに入れてみたものの、今度は重すぎて補助脚が曲がるという結果に(完成後に判明)
過ぎたるはなお及ばざるが如しですね。


機首差し込み 機首差し込み受け
機首と胴体はプラ材で接着面積を確保しました。


主翼の補強
また、主翼は中にφ2.0真鍮丸棒を通して補強。
中央に縦の桁を入れてタービンに押さえ付けるようにしてみましたが、あまり意味無いかも。


メイン操縦席(前) 火器管制操縦席(後)
F-16の反省を活かし、コクピット内もある程度作り込み。
画面も筆で描き込んでみましたが、ほとんど目立ちません(←


パイロット
パイロットは付属のものから小改造。
酸素マスクのホースはスプリングで別体化し、浮かせてあります。
スーツの色は見栄えを考えて砂漠地域の仕様(?)にしました。
射出座席もパラシュートの布地再現(ティッシュを接着)、酸素ボンベの配管など、完成後に目立つ部分をディテールアップしています。
キャノピーブレイカーも付けるべきだったかな(製作当時はそういうものだと知らなかった)


「お、いいねぇ、気に入っちゃったよ!」(標的的な意味で
火器管制のコパイロットはパイロット・グランドクルーセットBを切り刻み、ポーズ変更。
アイマスの方で有名なあの審査員風にしています。何やってるのかは全く解りませんが(w



塗装について。
ハセガワの作例を見ても1/48と1/72とで全然違うなど、イメージがつかみにくい青。
Pからの指示は「悲壮感あふれる青」だったので、それを元に自己調色。
こちらとしても「千早=ストイックで冷徹」なイメージがあったので、「赤みの無い青」で行くことにしました。

コバルトブルーは使わず、スカイブルー・ミディアムブルー・フタロシアニンブルー等を混ぜ、色の素シアンで調整。
ほんの少しシルバーを加えてさらに硬質な感じに振ると同時にメタリックフレークをプラス。
これは上手いこと行き、Pからも「イメージ通り」との評価を貰いました(`・ω・´)

白は重なるロゴも個別のデカールが用意されていたので全て塗装。
主翼と垂直尾翼の千早大判イラストも白抜きしています。

あと、機首のハッチの色をどうするかが問題になってたりもするようです。
ここでは単純に「色数が増えた方が密度感があって楽しい」と考え、白く塗りました。


ノズル
ノズルは黒鉄色を吹いた後シルバーを軽く吹き、クリアブルー、クリアイエロー、クリアレッド+クリアイエロー+レッドブラウンの飴色を吹き、焼けを表現。
実際はこんな風にはならないようですが、機体色が青なので青焼けが似合うだろうという単純な発想。アクセント的にはかなりいい感じかと。
ノズル内部は加工せず、黒のエナメルでスス汚れを入れただけです。内部のタービンはシルバーにクリアイエローを混ぜてチタン合金っぽく。

ノズルの間のツノはF-15Eにはありませんが、Pより「こっちの方が格好いいのでこのままで」という指定があったので残しています。
この辺の塗装は純粋にMr.8番のシルバー。クリアコート後に最後の仕上げで吹いています。


補助脚
着陸脚は普通に組んだだけ。汚しはエナメルのレッドブラウン+フラットブラック。
ライトはクリアパーツが付いているので、レンズをマスキングし、外側だけに銀を塗ってから白を塗りました。こうすると少し反射します。


ダクト他
上面のグリルも最後にシルバーを吹きつけ。
かかるデカールを切除し、エナメルフラットブラックでスミ入れ。
アンテナも色数を増やす目的でグレーに塗っています。
空中給油口のハッチは青竹色の指定でしたが、もう少し汚れた感じにしたかったのでミディアムブルーに。
これの色番号がアレなので何とかして使いたかったってのもありまs(ry

ちなみにミディアムブルーは調色なしでこの機体を塗る時に最もいい色だという噂があります。自分は暗すぎると思ったので止めましたが。


武装
武装は付属品のみ。
F-15Eはものすごい量の爆装形態も魅力なので、個人的にはそうしてみたかったのですが、
Pより「千早に増量は厳禁」と止められましたw
スパローのカラーコードは1/72エアクラフトウェポンⅢから流用。
太さとか位置が実物と微妙に違ってますがご容赦を。


千早
( ゜∀゜)o彡゜千早! ちひゃー!
白抜きのおかげで発色は良好。
そしてテニスコートと称される機体上面のフラットさ具合が千早に(削除
キャラクターにかかるコーションデータは貼っていません。

後になって、ちょうど右胸のボタン辺りにくる「NO STEP」は貼れば良かったかなと思ったり。
何故かって? 「そこ」は千早にとって触れてはならない領域d(ミサイル接近!


「出せ! どんどん空に上げろ!」 ←の元ネタ
王様橋が落とされた時の出撃シーン風に。
というわけで、F-15Eストライくっイーグルでした。





ここからは余談(というか後日談)ですが。

実は製作中にマスキングのミスで、帯デカールの大半を剥ぎ取ってしまうという大惨事を起こした機体です。
かなり凹みましたし、リタッチも考えたのですが、下手をするとさらに被害を広げそうだったので、大人しくデカールを分売で取り寄せました。
痛い出費だったぜ(←



最終的には何とか上手いこと仕上がってくれたので良かったです。
2/19(本当は千早の誕生日にしたかったんだけど平日だったので断念)付で無事にPの元へ嫁入りしました。

その後、地震で墜落したとの報告が。
・・・着陸脚と武装が損傷しただけらしいので修理可能らしいですが。



と、千早らしく(?)色々と扱いに苦労した機体ですが、ここで戦闘機モデリングの基本スタイルが確定したこともあり、思い出深い機体です。



自分用に1/72で買っときゃよかった(←
スポンサーサイト

| 戦闘機模型 | 03:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワ 1/72 F-16CJ(ブロック50) "アイドルマスター 双海真美"

左前 右前

右後 左後
ハセガワ 1/72 F-16CJ(ブロック50)ファイティング ファルコン
F-16CJ -THE iDOL M@STER MAMI-

面白ければオールオーケー!いたずら好きの本領発揮!
暴走する彼女の行動を、うまく活かしきれるかが勝負の分かれ目だ!
(エースコンバット6機体説明より)



モデルグラフィックス誌とのコラボ企画として付録された特製デカールを使用。
戦闘機モデル処女作です。

事の始まりは我が盟友、現用戦闘機も好きなPの気紛れ。
ある日突然雑誌とプラモを買ってきて「作ろうぜ」と研究室で言い放つ。
なし崩し的に(とは言いつつノっていたけど)戦闘機モデラーデビュー・・・

というわけで、作りはかなり甘いですが、笑って許していただければ幸いです。
誌面は初心者向けの製作指南書として構成されていて、基本的にはその通りに進めていきました。



いきなりですが、最大の失敗は、色を合わせ損ねたこと。
亜美真美コンビはどちらも黄色系の機体ですが、見た限りでは亜美がゴールド寄り、真美が蛍光イエロー寄りの色調のようです。流石派手だな。
そこでインストの調色レシピは無視して、イエローを中心に蛍光イエローと蛍光グリーンを混ぜた色で全体を塗装。
吹きつけ直後は良い色だったんですが、乾燥するに従い緑が強く出るようになり、結局こんなライム色にorz

白帯は主翼ストライプを貼り付けた後に塗装。誌面の製作指南の通りです。
ただし白帯にかかる矢印と「Mami Futami」は単体のデカールがないので、ここだけは素直にデカールで仕上げました。
だから水平尾翼の縁は機体色が出ています・・・。

余談ですが、その後に作った千早機も同じ順番で塗装したら、マスキングを剥がした時にストライプデカールが持っていかれて大惨事に。
以降、塗装の順番には頭を悩ませるようになりました。

真美。よく見ると敬礼ではない。
大事な大判デカール。デカールワークなんて数年ぶり(←
割と綺麗に貼れましたが、現物を見るとかなり透けています(´・ω・`)
以降はキャラクター部分に白抜き塗装をするのがデフォルトになりました。

ノズル
戦闘機モデルの見せ場、ノズル。
実機の知識なんて皆無だったので何もしていません(←
しかも、最後のつや消しクリアコートをノズルにも吹いてしまい、金属色がガサガサに・・・

垂直尾翼基部に貼る亜美真美の腰部分ですが、曲面が複雑な割にマークソフターがよく効いて、面白いくらい綺麗に貼れました。
後に1/48の箱を見て確認しましたが、この衣装はスカートが透明で、ベースの衣装が透ける構造。
・・・・・・エロいじゃない。

AOAプローブ・ピトー管
ピトー管は紛失したのでプラ材でそれらしく復元。
AOAプローブは伸ばしランナーで作り直しています(誌面通りにw)

コクピット。基本的に説明書通り
コクピット。
ここも特にディテールアップなどはありません。実機の知識なんて(ry
キャノピー枠の後ろに見えるのは、剥がれた計器盤のデカール('A`)
キャノピーを固定するともう手が入れられないので、以降はパーツ、デカールを完全に固定したことを確認しています。
HUDに色差ししていない・・・

元のキットに付属のコーションデータも、目立つものは貼っておきました。

編隊灯
編隊灯。
F-16は灯火類が多いですが、この辺は誌面でバッチリ解説されているので安心。
この部分は金属色が上手く発色して、遠目にも目立つアクセントになりました。

パネルラインの彫り直しはしていません。そのせいでスミがなかなか流れなかった。
スミ入れの色はエナメルのフラットブラック+レッドブラウン。

武装と増槽
武装は問答無用でフル装備。
ミサイルの押しピン跡を埋めたのは誌面に無い項目です。
それにしてもF-16CJは武装もパイロットも付属していてかなりお得。

裏面
裏面。
垂直尾翼ははめ込んであるだけです。

製作時のことですが、パイロンを接着した後、少し触れたら外れました。
何故? と思って見たら、デカールの上から接着したのでそのデカールが剥がれてしまったわけです。
以降、ディテールパーツ接着部のデカールは除去するようになりました。

ちなみに主脚周りの部品は組み方が良く解らなかったので、瞬着+硬化スプレーで強制的に固めています(←

センタータンクのラインが途切れているのは単なる失敗。

ローアングル後ろから
目線を下げて後ろから。
F-16はこのアングルが格好良いと思います。

ミサイル後端に穴をあけたのは独自の工夫・・・ですが、本物はカバーなど付けられているようでorz
しかもドロップタンク後端の合わせ目消し忘れ。

垂直尾翼のデカールを貼って、どっちが亜美でどっちが真美なのか覚えましたw



ローアングル前から
ということで、F-16CJとかちロールでした。
ゾイド・Nゲージが本職だったので、スケールモデルに本腰を入れたのはほぼ初めて。
おまけに航空機の分野は全くノーマークだったので実物知識もなく、かなりミスやアラの目立つものになってしまいました。

それでも、接着組立キットならではの難しさと手間がありましたが、説明書の表面だけではない「工程を考える」必要がある製作にすっかりハマってしまいました。
さらに新しい道具やテクニックも要求され、ここでの失敗は以降の戦闘機モデル製作にフィードバックされるなど、色々な意味で「習作」と言える作品です。

戦闘機モデルは今回限りだろうから、技術だけ身に着けてやろう・・・なんて気持ちで製作を始めていたわけですが。
その後、1/48千早機、ラプター(米軍)、1/72雪歩機、響機、貴音機、あずさ機、美希機と、すっかり戦闘機(ほとんどアイマス機ですが)モデラーになってしまいました。





でも、最大の失敗は、「何故亜美機を買わなかったんだろう」ということになるかな・・・

| 戦闘機模型 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

12月に2種同時リリースは確信犯

ハセガワさんがまたやってくれる。
(当記事は個人レビューです)





≫ Read More

| 戦闘機模型 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。