FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【モルガ細密化】それからの仕上げ

予定では本日公開予定のモルガ氏。
こちらでは前回以降の製作内容をまず紹介したいと思います。







今作最大の見どころはパイピング!
全国一千万の配管萌えの皆様、お待たせしました!(ぉ
かなり密度感が出たと自己満足。
車輪後方のカバーパーツのモールドを利用して、各部に走るホースを表現しました。

ひっくり返しての撮影。
剥き出しのゾイドコアを守るようにして太いのを一本。そのコアからも出ています。
ホースの保持にはコトブキヤのMSGモビルパイプを使用。



泥が詰まった感じに見える・・・といいなぁ
ステッカーを貼ったら足回りを中心にウェザリング。
マテリアルは100均の12色パステルとMr.レベリングうすめ液。
履帯にはさらに銀ブラシをかけて金属が擦れた感じを演出。

ゾイドは生命体なわけですが、こうやって塗装剥げみたいなのは出るんでしょうか。
生き物ならばある程度は衛生的に飼育しないといけないはずなので、そもそも汚れていていいものなのか。
惑星Ziには謎が多いですねぇ(´・ω・)



ちなみに番号は鉄道模型用の車番インレタです。
体節は小型コンテナの役割を持つ、との設定ですが、具体的にどこがコンテナかまでは触れられていなかったので、素直に丸モールドがコンテナの頭だと解釈。
ディテールパーツに置き換え、本体側に番号を振ってそれらしい表現を。



キラッ☆
キャノピーグラスには裏からメタルテープを貼って反射率アップ。
他のセンサーにも貼りましたが、イマイチ目立ちません(←










さて、ここからジオラマ編。
モルガに乗る戦車長と伝令兵の二人が登場します。

砲撃手も含め三人ほど欲しい所でしたが、モルガは一人乗りなのでその設定を重視しました。



何とも痛々しい・・・(ぇ
いきなりの切断画像w
素体はマッカーチスのオマケフィギュアです。

何度でも蘇るさ!
これを加工したのがこちら。
右腕は同じくマッカーチスのパイロットから移植して、伸ばした人差し指を追加。

伝令兵の素体はディマンティスのオマケそのまま。
塗装は全て筆塗り。
戦車長は士官用の紫、伝令兵は下級兵用のグレーの服です。この辺の設定はアニメから拝借。

轍はモルガの車輪をグリグリして成形。
地面はこんな感じ。土台+発泡スチロールの地形+紙粘土の地表を創り、ガッシュとパステルで表情をつける私にはお馴染みの方法。
植物は鉄道模型用の買い溜めを利用。

キャップはねじが潰れて使えなくなっています。
電柱の根元には棄てられたジャンクが朽ちております。
工作で余ったスプリングの切れ端や、ミリタリーモデルのジェリカン、土嚢など。
ゾイドらしくキャップも転がっていますw





と、いうわけで。ひとまず形になりました。
会場ではまだ公開が始まっていないようなので、完成品画像はもう少しお待ちを?( ・ω・)ノ
関連記事
スポンサーサイト

| ゾイド | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/34-70f9cd29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。