FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【モルガ】重砲隊の作戦

「壽杯」会場ではいよいよ完成品の公開となりました。
予定通り、こちらでも撮りおろし画像でご紹介します。







「重砲隊の作戦」

重砲隊の作戦
共和国のゴルドス、カノントータスに対抗し得る帝国の重砲撃ゾイド、モルガキャノリー。
巨大砲塔を装備したモルガを駆り、帝国陸軍の後方支援を担うのが機甲師団重砲隊である。
そのエースは最前線と連携をとり、部隊を率いて、あるいは単機での作戦にあたる。
今まさに最前線から伝令兵がやって来たところであり、穏やかだった空気が一変する・・・

というイメージです。

モルガの隙間から。
モルガの背中越しに二人を見る。
シリンダやケーブルが絡み合う間からの魅力的なチラリズム(←

全高:2.95mのスケール感?
ギュラギュラギュラギュラ!(履帯の音
戦車っぽい雰囲気や小型と言えども24t(キャノリー含む)の量感が出ていれば成功なのですが。
頭部のガトリングは真鍮パイプで作り直し。塗装の自然な剥げが銃口の質感になってたりしてw

キャノンが長くてピントが合わない(´・ω・`)
引いて全体像。
キャノンの砲口はタミヤのウェザリングマスター(赤焼け・青焼け)での表現に初挑戦してみましたが、正直イマイチですね。
もっと実物を観察して、ツールの使い方も精進したいところ。

黄色って毒々しい(蟲的な意味で
あちらでは公開していない尻尾の写真。
3Dアンテナは細かく塗り分けて情報量を上げるとともに、先端を黄色くしてアゲハの幼虫のような警戒色風に。
マフラーは真鍮パイプに置き換え。

輝くシリンダロッド
ジオラマ上では走行状態ですが、車輪展開のギミックは残しています。
奥に見えるホースは汚しましたが、シリンダロッドは当然ピカピカのままです。

お気に入りの一枚
自然光を当てて撮影した横顔。塗膜の状態は良好の様子。
キャノンの保護バー、パーティングライン消し忘れ・・・(´・ω・`)

最後はジオラマらしく、会話で締めましょう。
狙いは・・・
「11時の方向に敵部隊が展開中です」
「双眼鏡を貸せ。ここからならばあの林を超えて砲撃できるはずだ」



最後までお付き合い頂きありがとうございました。

しかし他の参加者の皆様の作品クオリティが高すぎる(;゜∀゜)
あんなアイディア、こんな表現・・・こちらも楽しませて頂いております。是非見に行ってみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

| ゾイド | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/35-20f160cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT