FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

F-117A-YKH その2

F-117Aゆきホークの2回目。
今回は各部のすり合わせを行い、機体形状を出していきますよ。







前回主翼と胴体との接続部が合わないと書きましたので、まずはその修正から。
しかし、スケールモデルの経験が浅い私としては、削ったら後戻りのできないすり合わせにビビりまくり・・・。



「少し怖いけど、君を信じてる」(Kosmos,Cosmosのアレ)

・・・そうか。雪歩がそう言うならやるしかあるまい! うおお、雪歩ー!!



閑話休題。落ち着いて現状を確認します。

モールドや表面の起伏を基準に見ていくと、右の主翼は少々前寄りに付いてしまうようです。
干渉部分を削って後退させます。
右主翼後退のイメージ丸印の所を削る。
現物合わせなのではっきりとは言えませんが、後退量は0.2mm程度でしょうか。

ちなみにこの加工の後に仮組みしてみると、厚み方向もピタリとおさまるようになりました(゜∀゜)

というわけで右主翼は終了。



次は左主翼です。こちらは前後方向のずれはなく、厚さ合わせを行います。
円内の表面と赤線の接合面を削る。
胴体側が厚いので、接合面を少々ヤスって合わせます。
このままでは主翼のダボが入らなくなるので、こちらも削って薄くします。

これでいい感じになりました。



また、前面のメッシュパネルもはめ合いが悪いので、削って調整します。
こっちの方が地味に主翼よりも手こずってた(;´д`)





次にパイロットの製作。
このキットにはパイロットが付属しないので、真美機を作った時の余りからスカウトします。

syacho.jpg
「ほう、何といい面構えだ。ティンときた! 君のような人材を求めていたんだ!」

という会話があったかはさておき、塗装。
高木社長直選のP(Pilot)?
右大腿と右下腕は削り込み、操縦桿を握れるように加工しました。





爆弾庫は白で塗装して(元々白成型だけど、透け防止に念のため)合わせてみます。
干物の上に豆腐(←
こうして見ると、「戦闘機は爆弾を運ぶ手段に過ぎない」という言葉にも頷けますね。





本組み
機体の貼り合わせはノズル表面からノーズへと進めていきました。

パイロットがいやに飛び出すので、まさかキャノピーに干渉しないだろうなと不安になって仮組み。
意外と中が見えるかも。
大丈夫でした(;´∀`)
それにしても狭そう・・・。





おなじみの串焼きw
あとは爆弾の合わせ目&パーティングラインを消して、羽根を接着。





気が付けば、ランナーに残っている(使用予定の)パーツは爆弾の懸架装置だけになりました。
パーツ数が少ないと速いですね。

次回はお楽しみ、雪歩の入浴シーン機体を洗って塗装に入る予定です。
関連記事
スポンサーサイト

| 【アイマス機】ハセガワ 1/72 F-117Aナイトホーク「萩原雪歩」 | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/42-c499021a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。