FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

九州ほぼ一周2泊3日旅行

色々と訳あって、GWは16連休という長大なものになってしまいました。



それほど長い連休に出掛けないのは勿体ない!( ゜д゜)クワッ!

ということで久しぶりの乗りまくり鉄旅を計画。
最初は開通したての「はやぶさ」に乗って桜前線を追いかける~みたいなことを考えていたのですが、地震により見送り。
代わりに開通(ry の「さくら」に乗りつつ九州のドーンデザイン研究所プロデュース車乗りまくりの旅ってことで。

非鉄の友人も同行。あまりハードなプランは立てられんね。
予算の都合などもあり、4/30~5/2の2泊3日で九州一周するよ! するよ!

(以下追記にて。長文になります)







■1日目 4/30

東京駅7:50発の「のぞみ13号」で一路小倉へ。

関門海峡楽しみにしてたらトンネルだらけでいつの間にか渡りきってたよ/(^o^)\
ともあれ、
新幹線小倉駅(JR西管轄)
12:42小倉着。九州初上陸!

ここで丁度いい時間なので昼食に。
(普段の鉄旅ならこういう時間をほとんど取らないという事実は友人には内緒だ!)
友人のスマホで検索したところ、肉うどんが名物とのことなので手近な店を探して向かう。

USA! YA! USA! YA!(何
商店街の中にありました。
肉うどん×2を注文

肉うどん(小倉仕様)
牛肉でした。あと玉ねぎ入り。牛丼みたい。
時雨煮みたいな味でなかなか(゜д゜)ウマー



小倉きゃっそー
まだ時間があったので小倉城を外観だけ見学。

神社。確か八坂様だった筈
隣接の神社。
他の参拝客がいて、普通に鈴を鳴らすわけですが、何故か鐘のような音がして驚く。

愛なのか
その音の正体。これは・・・何故だ?w



時間に間に合うよう、川沿いを歩いて商店街を抜け、小倉駅まで戻ります。

何故かドヤ顔でうどんをすするめろんちゃんver.小倉
メロン小倉店にて。
そうか、焼うどんが名物だったか。勉強になるなぁ(←



JR九州の駅名標はこんな感じ。
駅に着いた頃小雨になる。

813系 荒尾行き
ホーム向かい側に入る普通列車を撮影。流せず被写体ブレ(´・ω・`)

実は「白いソニック」だったらどうしようと内心不安だったw
ここから13:39発の「ソニック25号」で別府へ。

ソニック車内
車内は木と金属が同居する空間。どこぞの店のような雰囲気。

ぐるぐる お子様メニューではなく普通の車販紹介
床の焼印とシートバックの案内。



温泉街のアイコン
14:49別府着。

クモハ883-1がATS表記のよう
黒地に白文字の方向幕がブルトレっぽいね。

細かい表記はまるでガンプラ系のコーションマーク
Sのロゴマークはどう見てもスー○ーマンです本当に(ry

さっき反射したので後追いでもう一枚・・・が、また反射
後追いで一枚。
前面に光が反射して白飛びしてる(´・ω・`)

これを知っている人はリアルタイム世代or鉄
懐かしの洗面台ですよ奥さん(←

815系 大在行き
もういっちょ普通列車。
行先を「大佐」って読み間違えたのは秘密だ!



ここでトラブル発生。

次の日予定していた「ゆふいんの森」の座席が空いていない!
自粛ムードだから楽勝と思っていたのが甘かった('A`)

ということで急遽ルートを再構築。そちらの切符を買って駅を出る。

ホテルまでは徒歩(約20分)。着いて荷物を置いたら夕食。





関アジ。かんあじではなく、せきあじ。
関アジ!

一人一杯。おかげさまで無言にw
カニ!

左:豚肉とキャベツの蒸し 中:一口ステーキ 右:釜めし
おおぅ・・・豪華だ。
カニと格闘していると他の料理が冷めるという罠。
関アジは分厚い身に歯ごたえがあって美味かったけど、やっぱり房総のアジの方が好きだな、というのが個人的ながら正直な感想。

屋上展望風呂にも入りました。
「露天風呂って露出プレイ一歩手前だよね」と、日本人の古来からの変態っぷりを語らうw

布団にて就寝。
なんか変な会話をした記憶があるが眠かったのでよく覚えていない(下ネタであることは確実)





■2日目 5/1

起きて朝風呂、朝食はバイキング。
とり天ふりかけが美味かったのでお土産で購入。その他にかぼすのクッキーも。

油屋熊八氏の像
再び別府駅。
時間はあるので周辺散策。

鉄輪・・・ケロちゃんのことか(←
ご当地バス。
普段と違うバス・タクシーは旅情を掻き立てるね。

商店街アーケード。懐かし
ζ*'ヮ')ζ<うっうー(違

射命丸!(違
ζ*'ヮ')ζ<天狗ですよプロデューサー!

簡単にはモフらせてくれない雰囲気(友人談)
ζ*'ヮ')ζ<看板猫ですよプロデューサー!
いや、マジでこの立ち方は堂に入ってると思う。

あと、裏通りでやたら人懐っこい猫(♂)に出会う。
すり寄ってきやがりますよこいつは。バイクのエンジン音に驚いて逃げたけど。

明治時代にタイムスリップした気分
古き良き雰囲気漂う温泉



大陸ラーメン(しお味)
折角なので九州ラーメンでも・・・と思い立ち寄った店で「大陸ラーメン」を注文する不思議w

チキン王国大分の、今話題の噂のとり天(看板より)
別府発は11:42。途中腹が減ることが予想されるので駅ナカで買っておく。



DC:Diesel Carの略。直流電車ではないので念のため
「九州横断特急3号」に乗車します。

形式変われば色変わる。ところで円形のロゴがいい感じです
キハ185と186の混結なのかな? 色が違う。

九断特急(略称は俺命名)の車内
車内。木の内装にカーテンが豪華。
気動車なので変速ショックがはっきり感じられる。テンション上がるw



実際はなかなかの迫力。時々枝が当たる音が聞こえます しばらく走ると普通の田園風景に
崖ギリギリを攻めたと思ったら田園風景になったり、沿線の表情は豊か。

とり天カップにはポン酢付き。揚げたてはマジ美味
さっき買ったとり天&とりめしを食べながら。これは普通に美味い。



「STEAM LOCOMOTIVE MIYAJI BASE」
宮地駅にて。
ターンテーブルまで派手な九州クオリティw

五つくらい峰があるけど、どれがどれだか・・・
阿蘇の山々を横目に。

左に見える線路は複線ではなく、これからスイッチバックで走ることになる線路 停車位置の標識かな
ここで列車は一度停まって・・・

スイッチバック。

山岳線ファン御用達、立野Sta.
もういっちょ進行方向を変えて、立野駅に到着。



14:48熊本駅着。14:56発の「くまがわ5号」に乗り換えます。

九断特急とくまがわ、見た目は同じ
窓から先ほどの横断特急をパシャリ。
・・・って、「くまがわ」も車両は一緒ですが。

九州新幹線と並走する区間はほぼストレートの高速コース。
新幹線と分かれた八代駅から肥薩線に入ります。
JR貨物仕様
パーイチ(EF81)に遭遇ヽ(´ー`)ノ←貨物ファン



右手に球磨川 左手にも球磨川
球磨川を右に左に見ながら山奥へ。



球磨川下りがアイコン
16:22 人吉に到着。

山の中腹に閉じ込められたかのよう くま川鉄道人吉温泉駅が併設されています
山の中って感じ。

車庫。ホームからでは結構遠いので、駅進入時に見るのがオススメ 模型でもフレキの端材あたりで再現できそうです
レンガ機関庫に古レール。歴史的なものが多い。

ホームの→ ←全景
まさに国鉄駅!
KATOのローカルホーム原寸そのものですね。

そして「改 札 口」ののれんが垂れる
ここだけ現代的w

例によって宿までは徒歩。約40分。



40分。
明日はタクシーを呼ぶことを決定(←

この日はチェックインしてすぐ温泉に入り、それから夕食に。





桜肉とも呼ばれる馬肉。しゃぶしゃぶすると本当に桜色に
馬しゃぶ。
馬肉うめぇ水菜うめぇ。
油の甘みが濃いので野菜がモリモリ食えます。

あと、レタスのしゃぶしゃぶが以外と美味いのね。今度家でもやってみよう。



食後に少々館内を探検。パンフによるとこのホテルの名物は「1万枚のレコード」だそうですが。

どこか違うような気もしますが、間違いなく電気ネズミです
・・・ピ○チュウ?

このザク、工具や機械のジャンクを切った貼ったして作られています
・・・ザク・・・?(後には武具が飾られていた)

右下にあるのは地元民芸品のきじ馬
・・・ナ○トにリボ○ン・・・だと・・・?

あと、中庭(?)レーシングマシンが展示されてたりと、フリーダム過ぎる調度品が楽しませてくれます。
どうしてこうなったw

ちなみに「F1」って言ったら友人に怒られた。



も一度温泉に入り、部屋に戻ってリバーシなどしてみる。角全部取られながらも32-32のドローに持ち込む。
って言うか俺弱ぇ(´・ω・`)

ここは洋室なのでベッドで就寝。





■3日目 5/2

朝風呂→朝食の流れは同じ。やはりバイキング形式にて。
土産に菓子詰め合わせと焼酎飲み比べセットを買って、タクシーで人吉駅まで。

進入禁止のガードが絶妙で泣ける

産交バス じゅぐりっと号 「ぐりっと」は「ぐるっと」の方言
路線バスに周遊バス。慌てて取ったのでいい写真ではないけど。



近くの物販所に立ち寄りさらに土産を物色。
御煎餅と馬肉を購入。

「もっこす」なる酒が気になってしょうがなかった。
あと「幻の3ナンバー」っていうラベルがナンバープレートのやつ。
何だったんだろう、アレ。



人吉駅には今や珍しい、駅弁の立ち売りさんがいました。
線路上には昨日の横断特急もいましたが、今日はこちら。

デカい看板が目を引く キハ140・147はキハ40・47の機関換装車
10:08発の「いさぶろう1号」に乗ります。
展望窓まで付いていますが普通列車。ただしほとんどは指定席という変わり者。

キハ31も結構好きな車両だったり
ところで九州にいると、こういうオーソドックスな車両が懐かしくなりますねw

いさぶろう・しんぺい車内
車内は旧客のイメージでしょうか。レトロな感じ。



きじ馬がいました
大畑駅。日本で唯一、スイッチバック+ループ線がある駅です。
停車時間に乗客のほとんどが下りて撮影タイム。
ファン的にはよくある光景ですが、非鉄の友人には大層印象的だったようです。

一番右の線路からホーム右側に入り、真ん中の線路にスイッチバックした後もう一度スイッチバックで左の線路に入り、ループして今ここ
ループの上から大畑駅を見下ろす。
さっきいた線路、またはこれから行く線路が見えるというのがこの手の線形の魅力。



この駅名標も懐かしい(俺生まれてないけど
肥薩線最高峰の矢岳駅に到着。
例のごとく撮影タイム。



そして列車は最大の見どころである日本三大車窓へ。

こういう時はアテンダントさんが「晴れた日」の写真を見せてくれます。それはそれで切ない
・・・黄砂で見えない(´・ω・`)

そこからは終点までダウンヒル。
スピードの乗った列車はドリフトを駆使して華麗にクリアしていきます(嘘



手を振って出迎えてくれています
再びスイッチバックの真幸駅。

スイッチバック線
ホームの端からスイッチバックの線形を1枚。

この旅でのベストショット候補
花壇越しに列車をスナップ。結構気に入ってる写真です。

そんな事をしたので駅の方は見られず。
ビール欲しくなる(友人談)
友人が焼き鳥(商品名:塩焼きこっこちゃん)を買っておいてくれました。



11:21終点の吉松駅に到着。
続いて特急「はやとの風1号」に乗り換えます。

ブラックスペシャルって格好いいよね
ホームの両側に「いさぶろう」と「はやとの風」が並ぶのですが、なにせ写真を撮る人が多くて。
しかも乗り換え時間は3分しかないので、両車の顔を並べて見られる写真は撮れず(´・ω・`)

ま、仕方ないね。ここは観光客に譲りましょう。

一番木が多い感じがするはやとの風車内
「はやとの風」車内。
「いさぶろう」より明るい色で、雰囲気は全然違います。

すだれブラインド
ブラインドはすだれ調のもの。

展望テーブル。素晴らしい
窓の外に向いたテーブルスペースもあり。ここでコーヒーとか飲んでみたい。



大隅横川駅本屋
1903年開業の駅舎、大隅横川駅と、

嘉例川駅名標
同じく嘉例川駅に停車します。
大隅横川では戦争による機銃掃射の弾痕、嘉例川ではタブレット開閉機などの展示物が見られます。



列車は隼人駅で肥薩線から日豊本線に入ります。鹿児島湾に沿って進む。

桜島。なんとか見えた
桜島がうっすらと。おのれ黄砂め(´・ω・`)



アイコンは、西郷でごわす。
12:48終点の鹿児島中央駅に到着。

ここで最後のお買い物&弁当の調達。
鹿児島らしく黒豚味噌を土産に、黒豚弁当を昼食用に購入。

コーンの先端までアイスが入ってました。流石だね☆
時間があったので焼き芋ソフトを食べてみる。
確かに焼き芋だ。溶かして食べた方が甘くて美味いかも。



いよいよ九州を後にする・・・か
九州最後の列車は13:34発の「さくら568号」
折角の直通列車なので新大阪まで乗ります。



N700が3本並びました
デカい。



ノーズはすぐに汚れるみたいですね
長い。画面に入りきらないw



流体力学的な面構成はやけに色っぽい
曲面がエロい(←

この後「はやとの風4号」として吉松へ向かう
向こう側には「はやとの風」が見えます。



黒豚の味噌漬け焼とさつま揚げ、高菜も入ってる
出発したら黒豚弁当ー。



つばめ・・・(´・ω・`)
博多駅で停車中の「つばめ」をチラ見。
当初の予定では2日目に「ゆふいんの森」で久留米まで行き、久留米―熊本間で「つばめ」に乗る予定だったのさ(´・ω・`)



最後に新大阪で乗り換え
17:44終点の新大阪で最後の乗り換え。
18:00発の「のぞみ46号」で東京へ向かいます。

同じN700系なのに・・・

N700「さくら」車内 N700「のぞみ」車内
        九州仕様             東海道仕様

全然違いますね。東海道は清潔感があるけど無機質というか。



東京駅着は20:33。
遅めの夕飯を食べて(駅ナカの店がほとんど持ち帰りorカフェ的なものになってて驚いた)、解散。










と、言うわけで。

この旅行で、初上陸した九州のうち、佐賀と長崎を除く5県に行くことができました。
(宮崎は肥薩線の真幸駅で下りただけですが)

予定していた「ゆふいんの森」と「つばめ」に乗れなかったのが心残りと言えば心残りですが。
切符は先に取るべきだったね(´・ω・`)

それは今後の課題としましょう(ぉ

あと、やはり乗り鉄する時は車輌のいい写真を撮るのが難しくなりますね。
撮り鉄するならそれなりの行き方がありますし、駅から離れてお立ち台に行く方が良いでしょうから。
今回は久しぶりということもあって、いい写真には恵まれませんでしたが。

そんなこんなで(´・ω・`)が多かった気もしますが。
普通に温泉入って美味いもの食べる旅行という意味では楽しかったです。

来年こそは東北行きたい。
関連記事
スポンサーサイト

| 鉄道(実物) | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/56-1875c1a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。