FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

634÷2400=?

ここのところ天気が良くないので、アイマス機の仕上げ(クリアコート)が出来ずにいます。





さて、今日はちょっと気分を変えて。

バンダイより発売になった1/2400東京スカイツリーのプラモを組み立ててみることにします。






小ぶりながらもいい感じにデザインされた箱を開けると
箱の中身
早速出迎えてくれるのが、MG誌の紹介で話題になった塔体のパーツ。

これで1パーツ・・・バンダイの技術力は化け物か!
6方向スライド金型を使用し、第1展望台までの塔体がなんと1パーツ。
勿論、トラス構造はきちんと抜けています。( ゜д゜)スゲエ・・・

全パーツ数は23。初心者向けジグソーパズル並みですね(?

ただし、塔体は強度を考慮してかPP製。軟らかいのでナイフの通りは良いですが、ヤスリは利きません。
ニッパーでの切り出しも、個人的にはちょっと気持ちの悪い感触でした。

展望台周りは普通のPSですが、クリアパーツが多いです。さらにゲート跡が表面に来る部分もあるので、気になる向きの人にはかなりの手間を要求されるでしょう。



ベースの箱もちとお洒落
内箱(これまた洒落乙(笑)なデザイン)の中にはベース兼点灯装置が入っています。
このキットは2色のLEDで実物の「粋」/「雅」という2種類のライティングを再現可能です。
ちなみに電源は単4電池×3本。あまり使わないサイズ・本数なので準備をお忘れなくw

ちなみに、当初は塔体の立体感を増すため、内側/下側から影色でも吹こうかと考えていましたが、点灯試験をしてみるとPP特有の透け具合がライティングの効果を増しているように感じたので止めました。
もちろんPPは難塗装材だったというのも理由の一つですが。

そういうわけでこのキットは気軽にパチ組みで楽しむことにしました。
もちろん成形は流石バンダイといったレベルなので、プライマーからしっかり手順を踏んで全塗装のリアル仕上げに挑戦するのもアリだと思います。



第1展望台とその上 第2展望台
と言うわけで組立。前述のように切り心地がいまいちなのを我慢し、ナイフで成形しながらパーツを揃えます。
下の塔体は、内部にシャフトとプリズムを兼ねた透明パーツと、それを囲むトラス構造体(こちらは3パーツ+ジョイント2パーツ)が入ります。

15分もあれば第一展望台まで350m分の工事が完了するでしょうw

写真はその上、第一・第二展望台のユニット。
グレーの部分はPSなので塗装可能です。シルバーグレーのプラは少々安っぽいので、ここだけでも塗装した方が良かったかな。

クリアパーツとともに、薄い円盤状のパーツを積層していきます。各パーツの向きが決まっているので、途中で転がらないように固定しながら作業した方がいいかも。

第二展望台の空中回廊は、クリアパーツを外からはめ込むだけ。
ここはゲート跡が特に目立ちます。
コンパウンドまで使って磨いても良いのですが、お手軽に流し込み接着剤をチョン付けして消しました。

空中回廊がスプリングワッシャに見えるのは俺だけで良いですね。




約1時間で完成。

完成!

ライトアップについては、後でギャラリー記事に上げますのでそちらをご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト

| 模型全般 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/69-d75f1445

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。