FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パイロットと武装と

アイドルマスタープロジェクトプラモデルカタログブック(長!

MG誌でお馴染みの大日本絵画より発売になりました。勿論即購入。
ちなみにプラモ・ホビー系ではなく、アニメ系雑誌の棚にありました。表紙が表紙なだけに完璧な保護色でしたw
この本、アイマス機ファンでなくとも、1/72のF-14を作るなら持っていて損はないと思います。



模型の方も、ようやく。ようやく、パイロットが手に入ったぜ・・・(遅
ってことで優秀なP(ilot)が採用できたので、961機を仕上げていきましょう。



あと、当ブログにカウンタを設置してみました。(やっと)
ガルーダ隊の撃墜数アップに貢献よろしくお願いしますw






ハセガワのパイロット&グランドクルーセット。
着座姿勢のPは3人しか入っていないので2セット購入しました。

961機は2機だけなので、それぞれのセットからパーツ番号B2のPをチョイスし、編隊飛行でよく見られる同じ方向に首を向けた場面を再現します。

早速、パイロットを座席に合わせてみましょう。

こっち見んなw 使途不明のパーツがさらに邪魔という

社長、無理です・・・orz
特にドラケンはコクピットが狭く、腕を付けたら入らなくなりそう。ハリアーは大丈夫でしょう。

やっぱ残酷(←
まずはとにかく入るようにするため、見えない膝から下は切り取ってしまいます。

このPは離陸前の確認作業中のポーズで、右手は膝の上、左手は正面に突き出しています。
これでは操縦桿が握れないので、一体成型の右腕の肘から下を切り取った後、右腕をパーツ番号C9、左腕をC6に置き換えます。

腕の加工
右腕はモールドされているしわを目安に、肘から下だけを切り出して使用。
そのままでは上腕に対してかなり太くなるので、見えない部分で削り込んで細くしています。

左腕はほぼそのまま使用しますが、手首は一度切り離し、向きを変えて再接着してスロットルを握っているように見せます。

接着はタミヤセメントの高粘度(白キャップ)で。空いた隙間にはプラ棒の切れ端を挟み込んで大雑把に埋めてしまいます。
セメントが乾いたらナイフで削って形を作り、細かな隙間には瞬着を充填して仕上げます。しわを意識してわざと凹凸を作るのがポイント。
パーティングラインの処理も忘れずに。特にヘルメットやバイザーの所は目立つのできれいに消しましょう。

改造後
最終的にはこんな感じになりました。
右手首は一度切り離し、操縦桿に接着。塗装後に腕と再接合してコクピットに収めます。
場合によっては操縦桿が床から浮いてしまうかも知れませんが、それはまず見えません。
むしろしっかりと手の中にホールドされている方がぐっと見栄えが良くなります。

ちなみに、酸素マスクのホースと首との間をドリルで開口してやると細密感がかなり上がりますのでお薦め。
あと、ハリアーのPは座布団を挟んで頭の位置を0.6mmほど上げてやりました。





機体の方にも少々追加工。

ハリアーの後部排気ノズル。ここが開口されていないのがどうしても気になっていました。
既に成形後なのでどうするか迷っていたのですが、折角ここまでいい感じに来たので、思い切って再加工します。

左上→右上→左下→右下へ(1)~(4)の順で加工していきました。
1.ドリルで穴開け 2.ニッパーでカット
3.モータツール+流し込み接着剤で仕上げ 4.プラ板接着
(1)まずは不要部分をぐるりと回るようにドリルで穴掘り。
   ミニ四駆を嗜んだことのある紳士諸君ならティンと来るかと思いますが、要は肉抜きです。
(2)続いて穴をニッパーで繋ぎ、中身を切り取ります。
(3)ナイフで周囲をざっくりと整形。
   奥には接合ピンがありますが、ここは平ノミで削りました。ない人はマイナスドライバーを
   研いだものでもおk。
   どのみちフィンを付ければ目立たないので、奥の方は粗くても構いません。
   さらにモーターツールで滑らかに削り、#400のスポンジヤスリで仕上げ。
   表面に流し込み接着剤を塗り、プラを溶かして奥の方は 誤魔化し 仕上げました。
(4)フィンはt0.3のプラ板を現物合わせで切りだして接着。
   話が前後しますが、最初にフィンのモールドがあった所に印を付けてから作業にかかると
   この位置合わせが楽になります。

後部排気ノズル・完成
最終的には写真のような感じになりました。フィンの断面は薄く削ってあります。
やっぱりノズルは戦闘機モデルの見せ場ですし、ハリアーは特に個性的な部分ですので、
やって良かったと満足。





次は武装です。

武装と言えば、F-16やF-15を作っていた時、例の某Pから
「そのうちお前も『アムラームいいよね!』とか言うようになるよww」
と言われました。

その時は内心「ハハハそんなまさか。俺は戦闘機モデラーじゃないZE」
と軽く考えていました。

それがまさか彼の言う通りになるなんて・・・。悔しい、でも(ry



いきなりだけど、最初からデカい凡ミスorz

ドラケンはアイマス機の説明書通り組むと、肝心のパイロンを付ける隠し穴が開きません。
主翼下のパイロン取付穴は最初から開いているのですが、インテーク下のが・・・(・ω・`)

そもそも何処にどのパイロンが付くか分からないので、ネットで作例を調べて調査しました。
ついでにおおよその取付位置も把握。
って言うか何故ドラケンは非武装にしちゃったのよハセガワさん。



パイロンの話は置いといて、実際に積む武装を考えます。
ドラケンは米軍機ではないので、心配なのは市販品の存在。
しかし調べてみると、AIM-9サイドワインダーとAIM-4ファルコンの輸出仕様(ダウングレード型)を使っているそうです。
これらはあずキャット用に買っておいたエアクラフトウェポンⅢに含まれるので既に確保済。
AIM-9の輸出仕様はP型と呼ばれ、キットにはありませんが外観はJ型に近いようなのでこれで代用することにしました。
AIM-4はD型を選んでいます。
RB24(AIM-9P)とRB28(AIM-4D) forドラケン
ちなみにスウェーデン空軍では、AIM-9がRB24、AIM-4がRB28という呼称になります。



一方のハリアー。攻撃機(≠戦闘機)なので対地武装が主になります。
ちょうど5月にハセガワからエアクラフトウェポンⅨが新登場。
この中にはAN/AAQ-28ライトニング航法・目標指示ポッドが入っています。
これは武器ではなく、地形を判別して戦闘機を安全に飛ばし、誘導爆弾に目標を示す機器。
ランターンは航法ポッドと組にして使いますが、こちらは1つで両方の機能を備えるので兵装搭載量を減らしません。
当然爆弾を一緒に積むことになるので、エアクラフトウェポンⅥからGBU-16ペイブウェイⅡを選択。
ウェポンⅨにはJDAMが同梱されていますが、GPS誘導を行うJDAMはAN/AAQ-33スナイパーXRと組み合わせる方がベターです。
また、誘導装置を持たないMk.80シリーズとは組み合わせても無意味です。
GBU-16とAN/AAQ-28 forハリアー
左右非対称ってちょっと格好良くない?(←

ちなみに、F-117A(ゆきホーク)に付属の爆弾はGBU-27/Bで、これもペイブウェイの一種。
穴掘って埋まると言えばコレw
ただしGBU-27は2000ポンド級。GBU-16は1000ポンドなので、雪歩のはかなり大型の爆弾ということになります。
もうひんそーなんて言わせない(←  対空装備は「貧」どころか「無」だけどね・・・

ハリアーがF-117Aと違うのは、空対空戦闘も可能であること。対空ミサイルも積みます。
上:エアクラフトウェポンⅢに収録 下:AV-8Bに付属
キットにはAIM-9L/Mサイドワインダーが付属していますが、エアクラフトウェポンⅢのものとは寸法が違います。
おそらくハリアーのが正確なのでしょうが、ドラケンとの整合をとるためあえてエアクラフトウェポンⅢの物を使います。

対地武装には投下式の爆弾だけではなく、ミサイルももちろんあります。
んっふっふ~
F-16CJ(とかちロール)に付属のAGM-88ハーム(内側の白いの)なんかがその例です。
ハームは電波源に向かって飛んでいくので、敵のレーダーや対空施設を前もって破壊する(いわゆるワイルドウィーズル)のに威力を発揮。
なおインテークの左下にぶら下がっているのがハーム専用の照準ポッド、HTSです。
F-16ではブロック50D/52DからHTSの運用能力を得ました。

ハリアーにも是非空対地ミサイルを搭載したいと思い、さらにエアクラフトウェポンⅣからAGM-65マーべリックを持ってきました。
専用のランチャーが必要になりますが、ウェポンⅣに同梱されているので問題なし。
ただし3発積むタイプなので、不要部分を切り取って使います。
AGM-65とそのランチャー AGM-65ランチャーの加工

とまぁ、ハリアーはめでたくフル装備なわけですが。実際にはこんなに積むことはないかも知れません。
実機には兵装搭載能力、つまりこれ以上積むと飛べなくなるよという指標があるので、本来はそこまで考えるべきなのでしょう
が、そこは雰囲気と格好よさ重視で(ぉ
ついでに、AGM-65の搭載によって折角作った増槽がベンチ入りに(´・ω・`)
増槽と交換できるようにしてやりたい・・・。

ってか、ハリアーだけの為にエアクラフトウェポンを3種類も買うってどういうことよw
まぁ戦闘機にとって一番大事なものですから、満足いくようにしてやりましょう。
説明書も「現代の戦闘機は爆弾やミサイルを目的地に運ぶための手段でしかない」って言ってることですし。
(こうしてメーカーの策略にハマっていく・・・)

それにしても、爆弾が随分と余った・・・。
勿体無いから、ストライクイーグルでも買おうか?
(それこそメーカーの思う壺・・・w)
関連記事
スポンサーサイト

| 【アイマス機】ハセガワ 1/72 AV-8Bハリアー「我那覇響」&J35Jドラケン「四条貴音」 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/73-2726cff6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT