FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小物の製作

前回紹介した武装やパイロットの塗装が終わりました。






串焼き塗装w
ミサイルは爪楊枝にブッ挿して塗装すると楽ですね。
Pは尻に穴をあけて同様にしています。アッー!



P×2完成
パイロットスーツの色はMr.カラー40番ジャーマングレイ。ヘルメットは316番ホワイト。
961プロの機体なので全体的に黒くしてみました。

この後操縦桿付きの右手を固定して着座させるのですが、その操縦桿が干渉してうまく収まらなかったので、現物合わせで干渉部分を切っています。
具体的にはハリアーのHOTASスティックの前側の突起の切除と、ドラケンのパーツ番号A14の撤去。
スティックがかなり高い位置に来てしまいましたが、これ以上は無理でした('A`)



派手目に焼け表現 実物はこんな風にはならないようですが
お気に入りの後部排気ノズルは、普通に銀で塗装した後に焼け表現をしてみました。
順序としては
 (1)28番黒鉄色を軽く吹く
 (2)41番レッドブラウン+47番クリアーレッド+48番クリア―イエローで焼け色
 (3)50番クリア―ブルーで、エルボになっている辺りを中心に青焼け
 (4)その周りにクリアーイエロー、エルボ中心にクリアーレッドで軽くグラデーション
となっています。

遮熱板も青焼け
ついでに遮熱板も同様に塗装。
実機でこんな焼け色が付くことはないようですが、模型的な見栄えと面白さを優先しています。



さて、Pが着座したということは、いよいよキャノピーグラスが接着できたということになります。
内部の接着剤が完全に乾くまでは密閉しませんが、これが付けば遂に仕上げのクリアコート。
ようやく完成が見えた・・・!
関連記事
スポンサーサイト

| 【アイマス機】ハセガワ 1/72 AV-8Bハリアー「我那覇響」&J35Jドラケン「四条貴音」 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/74-688a5f93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT