FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワ 1/72 J35J "アイドルマスター 四条貴音"

J35J ドラケン
「アイドルマスター 四条貴音」
ハセガワ 1/72 J35J ドラケン
J35J -THE iDOL M@STER TAKANE-






ハセガワのiM@S×AC6コラボ機体シリーズ番外編
アイドルマスターSPに登場するライバル事務所、961プロダクションに所属する
「プロジェクト・フェアリー」の1人です。
AC6にこの機体は登場しませんが、ファンの要望により(?)描き下ろされたデザインを引っ提げて登場。

J35J自体もAC6には登場しない機体。完全なオリジナル設定と言うことですね。トーネード涙目。


スペースシャトルのようなダブルデルタ翼が特徴。形状はシンプルなので工作は簡単です。
胴体とノズルに隙間ができるのが唯一の修正ポイントでした。
主翼の接合線は実機にもある(実機はこの線で取外しできる構造)ので、処理も不要です。

塗装は同じレシピのハリアーと同時進行で進めました。
やはり961プロの機体なので光沢仕上げです。

武装はシンプルに
武装ですが、スウェーデンはアメリカの武装の輸出仕様を使っているので、入手は簡単です。

 ・RB.24(AIM-9P) サイドワインダー×2
 ・RB.28(AIM-4D) ファルコン×2

どちらもハセガワのエアクラフトウェポンⅢを利用。
実機とは細部の仕様が異なりますが、模型的に違和感は生じないレベルだと思います。
塗装はMr.302グリーンと316ホワイト、RB.28のシーカーは黒です。
カラーコードは分からなかったので省略!

ディテールもキットの状態でほとんど再現されています。
垂直尾翼はハメ込んであるだけ
垂直尾翼のピトー管とAOAプローブをφ0.5金属線で追加し、ノーズのピトー管も同じものに置き換えた程度。
あと、垂直尾翼のエアスクープは開口しています。

難しかったのは細部のパーツの取付けでしょうか。
接着面積が小さいうえに角度が微妙なので、実機写真を見ながら調整しました。

真っ正面!
こんな感じに。
正面からの写真はアラが出やすいけど、見つけなかったことにしといて下さい(←

本来なら隠し穴を使う前方パイロンですが、アイマス機の説明書にその図示はありません。
そのため知らずに組み上げてしまい、後で苦労する羽目に。
若干外側に開いているのが正しい取付け角度のようですが、こいつは明らかに開き過ぎました(´・ω・`)
まあ雰囲気は良いのでOKとしましょう。

お姫ちん。
全身ブチ抜きの大判イラスト
実は、頭の天辺から足の先まで一続きに描かれているのは全アイマス機中でもこのドラケンだけです。
ダブルデルタの恩恵ですが、やはりお姫ちんは脚が見せ場なので、そういう考えがあっての機体選択だったのかなと(ぇ





961の2人揃い踏み
最後に、同時製作のハリアーと並んで。
ということで、J35Jでした。

ところで、アイマス機には何らかの愛称が付いていますが(雪歩+ナイトホーク→ゆきホークのように)、このドラケンは何て呼んだら良いんでしょうね。
ハリアーの方は「がなハリアー」なんて言われているようですが・・・。上手く繋がる言葉がないんですよね。

いっそ「何とも名状しがたいドラケン」でいい?(←





※追記
ギャラリー@[fg]へのリンクです。
関連記事
スポンサーサイト

| 模型全般 | 01:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/78-bca4ce45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。