FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラプター3回目【機体概形出し】

先日偶然立ち寄った量販店にて1/72のF-15E(アイマス機じゃない)を発見。
思わず購入してしまいましたw

同じハセガワのキットとは言え、1/48とはやや違う構成でした。
説明書も古く、製作には色々と考えを巡らせる必要がありそうです。
まぁ、後のお楽しみということで・・・

F-22A春香機の製作は順調に 進攻 進行中。
機体の基本形状が見えてきました。







塗装が完全に乾燥したので、組み立てていきます。
レジンコクピットの方もしっかり塗料が乗っています。触れない部分なのでこれで充分でしょう。
接着可能な部分が少ない(ボディとバスタブはほとんどエッジしか触れていない)ので、木工ボンドを充填して固めました。

裏面は割と大雑把 インテーク内部
インテークの方ですが、上下のボディが内壁の一部を成していることに気づいていませんでしたorz
改めて該当部にシルバー→ホワイトを吹き付け、接着します。

あまり目立たない部分とは言え、継ぎ目が気になる・・・。
奥まった所の合わせ目消しは難しそうですが、やはりここはやるべきか。



問題は後回し(←
ボディを合わせます。
主翼に反りがあるので時間をかけて圧着しますが、合い自体は良好なので楽な仕事です。


メインウェポンベイ閉・ギアベイ開 メインウェポンベイ開・ギアベイ閉
ウェポンベイとギアベイの開閉。ステルス機はその外形にこそ見所があるので選択に悩む。
ユニットを組む予定のゆきホークが飛行状態であること、飛行展示用のナットを仕込めたことから、予定を変更して飛行状態として製作を進めることに決めました。

豆腐のパックみたいな腹w
閉じたメインウェポンベイのスクエアな形状も面白いのですが、ここを閉じるとメカ的な見所がなくなるので開状態とします。

接着済の主脚は切り離し、ギアベイ扉を接着。
この扉パーツ、前後とも合いが非常に良いです。バリやパーティングラインを処理するだけでピタリとはまる気持ちよさw



塗装済パイロット
パイロットは細部を塗装して完成。
エナメル塗料を使い、ジャケットにはカーキドラブ、その他にはバフをドライブラシして仕上げ。
ヘルメットは指定通りのMr.305グレー。
酸素ホースやグローブは色を変えて見栄えをよくしました。左肩の部隊章?も何となく色差し。

コクピット完成 コクピット完成
コクピットに搭乗。
シートを塗り分け、全体に銀でドライブラシをかけてディテールを強調しています。
ディスプレイには元キット付属のデカールを少々トリミングして収めてあります。これがいい味出します。



全体像
尾翼やキャノピーを仮付けして全体を確認。
良い感じです。

小物類の整形が終われば、塗装準備に入れそうです。
関連記事
スポンサーサイト

| 【アイマス機】ハセガワ 1/72 F-22Aラプター「天海春香」 | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/80-e3eb5327

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。