FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【本物の】エレクトリック・レースクイーン

ミクさん優勝おめでとう!



スーパーGT第2戦@富士スピードウェイ、観戦してきました。
不安定な天気がドラマチックな展開を生んだ一戦でした。

そんな決勝の様子をトーシロ目線(← でレポートします。







神奈川の西の端に住んでいる友人宅を拠点に。
行きはロマンスカーで鉄分も補給するというw

新宿駅にて。VSE-50000「はこね」箱根湯本行き
残念ながら展望ではないが・・・。

時間は普通列車(快速特急)と変わらないけど、快適性は断然上。
これで小田原まで行って、普通列車でちょい戻る。
ネット検索では出てこないルートです。





予選はニコ生観戦。ネット上での各車のニックネームとか初めて聞くわー。
ってか何でみんな「でちゃう」大好きなのよw

練習走行では4号車、GSR ProjectMirai BMW(←今年はミクが2台いる)がクラッシュ。
バンパーから左前輪にかけて破損する事態に。

・・・ここからがメカニックの本領発揮。
どうやら突貫工事で復活させたそうです。



当日。



復活の4号車
スターティンググリッドには前面をまるっと交換し、ブラック&オレンジになった4号車の姿が!

カーボン剥き出しのフロントマスクは、悪人面のBMWには似合うような。
と言うか普通に格好良くね?

寄せ書きのボンネット
そしてその上には応援メッセージの「寄せ書き」。
所々見えるスポンサーロゴは手描き。線画ながらミクの姿(しかも2人)も。

こんなことをするのもなかなか無いんじゃないかな。
相当数のパーソナルスポンサーを持つGSRならでは。



大丈夫。魂を込めた機械は、決して負けたりしないから。



決勝はスタート直前に振り出す雨。
セーフティカー先導となり、1周でピットイン(タイヤ交換)が始まる波乱のスタート。

序盤から好調にトップを走った15号車アートテイストポルシェは中盤でクラッシュ。
ドクターヘリが来て、レースはセーフティカー導入に。

これでトップは66号車トリプルAヴァンテージこと「でちゃう」(←逆
続いて11号車ゲイナーディクセルR8、0号車初音ミクGSR BMW、911号車エンドレスタイサンポルシェ、43号車ARTAガライヤ。
燃料とピット作業の駆け引きで有利なのが0号車と43号車。

燃費計算でペースを落とし、5位につける0号車がスパートをかけたところで500クラスのマシンと接触してスピン。
順位は43号車、追い上げてきた2号車アップル紫電、0号車は3位に。



そして番狂わせの雨――


43号車はセッティングとコンディションが噛み合わずペースダウン。
0号車は逆にペースアップして、残り8周でトップを奪う。

ピットインで順位を落とした66号車が追い上げ、結局
0号車、2号車、66号車、43号車、11号車の順でフィニッシュ。
4号車も11位で無事完走。
表彰台へ


練習走行で4号車がクラッシュしたダンロップコーナーで、
決勝でもクラッシュがあり破片が散乱する中で、
しかもウェットコンディションの中で、
0号車が突っ込んでトップに躍り出る。

これは・・・因縁めいたものを感じると共に、GSRのチーム力が垣間見えた気がします。





0号車 4号車vs88号車白ランボ
やっぱり実車を一目見ることは資料を探しまわるよりずっと印象的。
これで制作中のZ4 2011もてぎ仕様にも弾みがつけられそうです。
アレの購入費用って、少しはGSRに入ってるのかな・・・?

あと、デジタル一眼欲しいw





おまけというか何と言うか。
0000(ダブルダブルオー)
展示されていた体制発表時のマシン。
個人スポンサー数0。ちゃんとカウントが始まってるのね。
関連記事
スポンサーサイト



| 雑記 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/87-36a0bef5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT