FC2ブログ

軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新兵器匠ニッパー

パッケージ
ねんがんの たくみニッパーをてにいれたぞ!

ニアそう かんけいないね
 ゆずってくれ たのむ!!
 続きを よむ







初っ端からごめんなさい(´・ω・`)



今まで使っていたミネシマのハイグレードニッパーがいよいよダメになりまして。
今年の目標でもあった「刃物の新調」として、雑誌等で噂のGSR匠ニッパーを購入しました。
(正式名称は匠tools 極薄刃ニッパー。以下、匠)



早速試してみるよ!



ミネシマのPremium薄刃ニッパー(以下、薄刃)を比較対象にします。
こいつは現状で目立つゲートカット用に使っている「ここ一番用」です。



左:匠 右:薄刃
まずは外観ですが、匠の方が刃が丸っこいので、細かい所への入りやすさは薄刃に劣るかも。ちなみにグリップの間のU字はプラ製のバネで、2種類の強さが選べます。

左:匠 右:薄刃
匠の刃先の傾斜は7°
宣伝文句として声高に謳われていることですが、実際使ってみるとその意味がよく解りました。
ニッパーを握ってパーツを見ながら手を伸ばすと、刃先がスッとそこに入る。
これから切ろうとしている場所に、先回りして刃が来てくれる感じ。
自動車のハンドリングの良さを喩えて「ハンドルを切る前に車が曲がり出す」と言う表現がありますが、まさにその表現がしっくりくる。
そういうニッパーです。

次に切れ味。これは薄刃と同等でした。
手応えは薄刃より柔らかめで、薄刃が「パチン」なら匠は「サクッ」という感じ。
この手応えをダルいと感じる人もいそうですが、薄刃は逆にピーキー過ぎて刃が欠けそうな不安感があります。
匠は常用として積極的に使えそうな気がします。

さて、ここで一発、ランナーを切ってみましょう。
成型材料による差をキャンセルするため、同じランナーをそれぞれのニッパーで切ります。

ミネシマの実力 ミネシマその2
まずは薄刃。

匠の実力 匠その2
そしてこちらが匠。

見ての通り、切断面が平らに仕上がるので、上手く使えばナイフやヤスリでのゲート処理をスキップできそう?
ただし、攻めすぎれば当然のようにパーツをえぐってしまう可能性はあります。
変に楽しようとせず、今まで通りゲート処理は行う前提で作業するのが堅実かな。
目立たない部分は匠に任せて切りっ放しでも良いのかも。

ちなみに、今まではニッパーの保護のためにゲートは薄い向きを挟んで切っていたのですが、
匠はゲートの厚い(クサビになっていない)方向から切ると刃が入りやすく、切断面の綺麗さも際立つような気がしました。
この辺はもう少し使い込んでからの判断が必要ですね。

なお、カシメ部の油が多く、結構滲んでたりするので、初めて使う前に拭いた方が良いです。



ちなみに、今回テスト用のランナーを調達したキットはこちら。
ライガーゼロ
HMMライガーゼロ。
とりあえずパンツァーユニットの出来が良さそうだと判断できたので購入に踏み切りました(←
素体の再現度も高く、細かく塗り分けると格好良さそう。
関連記事
スポンサーサイト

| 模型全般 | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/92-29d84547

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。