軟らかい鉄工所

趣味の模型と日常をユルく綴っていきます。模型の他に鉄道・写真・同人関係も。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

字に触れることが多い夏

お盆休みも大詰めです。
連休が続いて生活がダレると後で後悔するので、なるべく出掛けること、朝は普通に起きること、を心がけています。
夜更かしはするけどw

前回の博物館めぐりと話は前後しますが、
8/11~12の二日間はコミケでした。

三日間で54万人が、人混みと炎天の中を歩き、並び、買う。
某省エネ高校生ことホータロー(原作表記)に冷たい目で敬礼されそうです。

それもあるんですが、最近本(漫画・同人誌以外)をよく読む。
そもそも私は活字嫌いではないので、その気になれば結構読める方なのですが。
どうも最近そのスイッチが入ってしまっているようで。
というわけでそんな話をダラダラと。長くなりますし写真などはありませんが。



最近の読書歴。

最近読んだ本(文庫)
 ・冬休みの誘拐、夏休みの殺人
 ・いつか、君へ boys
 ・きみはポラリス
 ・陽だまりの彼女
 ・古典部シリーズ
   氷菓
   愚者のエンドロール
   クドリャフカの順番
 ・浜村渚の計算ノート
   浜村渚の計算ノート
   浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト

計9冊。これを大体1ヶ月で読み終わり。
『古典部』と『浜村渚の~』はシリーズ読破するつもりなので、あと2冊ずつ増える予定。
ちなみに全て図書カード(いっぱい余ってるw)で買っているので出費ゼロ。

オススメ・・・と言うか主観ですが、「陽だまりの彼女」は良作。
まぁここ読んで購入に踏み切るなんて話はあまりないかと思いますが。

ジャンル分けすれば恋愛小説(それも駄々甘系)なんでしょうが・・・
読み進めて行くと日常系→ミステリーと変化し、最後にファンタジーと変化していきます。
ちなみに現実に起こりそうな話ではありません。可能性は0%でしょう。

詳しい内容は言いませんw
ライトノベルが読める人で、日常系ファンタジーが嫌いでなければ一読の価値ありかと。



あと、古典部シリーズはアニメから入ったクチです。
気が付けばアニメの展開を追い抜いてしまった。読みだすとブレーキが利かなくてねぇ。
アニメでは画による描写に留められていた部分がきちんと説明されていたりするので、どちらから先にみても楽しめると思いますよ。

ちなみに、現在角川文庫ではキャンペーンをやっていて、文庫一冊につきストラップ一個がもらえます。
店頭でのくじ引き形式なのですが、「クドリャフカの順番」でそのシークレットを引き当ててしまいました。
・・・わらしべプロトコル?





さて、この先コミケの話題(というか戦利品報告?)
特に大した事も書いていませんが念のため追記としておきます。
同人系が苦手な方はスルーの方向で。






C82。
参加したのは二日目と三日目。
二日目のお目当てはほぼ東方系に集中していたので、体力温存のためにも東3ホールだけに絞り込んでおきました。
この日は10:00着を目標にのんびり出発。入場は11:15頃でした。

壁サークルは混雑していたのであっさりと諦め、毎回買い逃す音楽系サークルさんに突撃。
それでも、あれば欲しいと思っていた既刊が目の前で完売する衝撃もありましたw
とりあえず新作の方は無事ゲット。

あとは冊子系ですが、以前何度か購入させて頂いたサークルさんに再突入。
実に5年ぶりぐらいに買うサークルもありましたが、クオリティもノリも変わってなくて吹く。
衝動買いは1冊のみ。

二日目は音楽CDに¥5500、冊子に¥5600、計¥11000の出費。

友人と翌日(三日目)の打ち合わせをしつつ飯食べたりお茶飲んだりしてから。
近くにあるトヨタのショールームに寄り道。
センチュリーのクオリティに感動してひとしきり騒いでいたらコミケ閉場直前になり、帰りが混むという惨事に。
全部センチュリーのせいだということで帰宅(←
その夜、詳しい打ち合わせのためにスカイプを導入(テキストオンリーで)。



三日目。
この日は自宅の最寄りから始発バスで出発する気合の入った行程。
7:30前に国際展示場着。
暇なので別行動の友人にメールしたら、何故かこっちに来たという不思議w
遠巻きに状況確認して去って行きました。暇人め(←言えた義理ではない

10:20頃入場。
打ち合わせ通りこちらは東4~6ホールと東3ホールの一部、友人は東1~3ホールと西2ホールを担当。
人海戦術で人のものを買うプランは久しぶりでした。
サークルの場所と人気、購入品の要求レベルの高さを考慮して効率よく回るルートをリアルタイムで考える。
一人でのんびり見て回るのも良いんですが、頭を使うこれはこれで責任感みたいなものがあって(?)いい感じの緊張感です。

無事全ての品を購入。
時間が余ったので某大手サークル(もちろん壁)に並んでみることにしました。

東4~6ホールの外周をほぼ往復する長蛇の列。
当然炎天下(その前に雨が降ったらしく、路面が濡れていました)なので帽子を装備。
近くの飲み物屋台が列を対象にドリンクを売っていました。列の中でも手を挙げればそこまで届けてくれるそのサービス精神に敬礼。
さながら空中給油のようなドリンク売りの光景を眺めながらおよそ一時間の待機。
意外と流れは速かったように思います。サークルさんも手慣れてるのかな。もちろん無事購入できました。

その後別行動の友人、さっき偵察に来ていた暇人と合流し、戦利品の交換をしつつダベった後、いくつかサークルを廻って会場を後にしました。

この日は冊子で¥14100の出費。二日間で合計¥25200でした。

幸い暑さにダウンすることもなく。
参加した皆さんお疲れ様でした。また冬に会いましょう(?)
関連記事
スポンサーサイト

| 同人活動(一般参加) | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://steeljelly.blog63.fc2.com/tb.php/95-ff16fd1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。